ビジネスのテーマパーク「チャンス!」

無料会員登録

【年代別比較】クリエイターのこれからのキャリア。20代は『会社員』、30代以降は『副業』がトップに。

2022-03-31

【年代別比較】クリエイターのこれからのキャリア。20代は『会社員』、30代以降は『副業』がトップに。

クリエイターワークス研究所『クリエイターの働き方実態調査⑧』続編を発表。

【年代別比較】クリエイターのこれからのキャリア。

みんなどう考えている?20代は『会社員』、30代以降は『副業』がトップに。

 

「クリエイターワークス研究所」(運営会社:株式会社ユウクリ│本社:東京都渋谷区、代表取締役:武藤覚)は、「クリエイターがイキイキと働ける世界に」をミッションに、クリエイティブ業界に特化した実態調査を行っている調査機関です。
現在第一線で活躍中のグラフィックデザイナー・Webデザイナーを中心としたクリエイターを対象に働き方実態調査を行い、今回で8回目の調査報告。
今まではコロナ禍のリモートワークにまつわる働き方の実態について調査してきましたが、今回はクリエイターの今後のキャリアについてアンケート調査しました。年代別で変化もあり、海外や早期リタイアを検討している現役クリエイターの声も。
▼詳しくはこちら▼
《クリエイターの働き方実態調査⑧》【年代別比較】クリエイターのこれからのキャリア。みんなどう考えている?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=1045

 

  • これからの働き方。30代以降のクリエイターは『副業』に興味あり!

コロナ禍でリモートワークが普遍化していったことで、『副業』や『パラレルワーク』など様々な働き方の選択肢が増えていきました。
今回で8回目となる『クリエイターの働き方実態調査』報告ですが、これまでの調査報告でコロナ禍によるリモートワーク促進により柔軟な働き方ができているクリエイターが多くなってきたことが分かりました。

そこで、今回は、今後のクリエイターとしてどのような働き方を望んでいるか?511名のクリエイターにアンケート調査しました。

一般的にも『副業』が当たり前になりつつあるからか、クリエイターにとっても『副業』は興味が強いようです。

一方、『パラレルキャリア』については20%前半に留まり、新しい働き方としてはまだ興味関心が低い結果となりました。

■20代
まだ実務を積む時期として考えられているからか、『会社員』がダントツ1位。
続いて、『フリーランス』や『副業』への意欲も高いことが伺えます。

■30代
『副業』の興味関心が強いクリエイターが多いことが分かりました。
さらに、『パラレルキャリア』についても他年代の中ではトップとなっており、比較的興味関心を持っている年代のようです。
20代の下積み経験を経て第一線で活躍できるスキルが身につくと、今のポジションを維持しながら他で活躍できるフィールドを探したくなるのかもしれませんね。

■40代
30代と同様、『副業』がトップですが、30代よりも『会社員』との差が広がっています。
これは、40代でキャリアやライフステージが安定してきたことにより、『副業』への興味関心がさらに強くなっているためでしょうか。

一方で、『クリエイターではない道を検討』の項目が20代・30代に比べ微増しているという点も見逃せないですね。

■50代
30代・40代に引き続き『副業』が不動のトップ。
さらに、年代が上がるにつれて2位の『会社員』との差が開いています。
『クリエイターではない道を検討』の項目では、40代より1%増加しています。

  • 海外へのチャレンジ、早期リタイア、地域貢献を検討しているクリエイターも

『その他』項目では、以下を目的として今後の働き方を見つめ直しているクリエイターの声も聞けました。

・海外への展望
・収入UP
・キャリア
・ワークライフバランス
・地域貢献
・早期リタイア


>>詳細はこちら
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=1045

これからのキャリアを考えるクリエイターの皆さんにとってもヒントになるワードもあるかと思いますので、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

  • 『クリエイターみんながイキイキと働ける世界』を目指すための第一歩としての調査

クリエイターワークス研究所は、「クリエイターみんながイキイキと働ける世界に」をミッションに掲げ、クリエイターに対して多角的な視点から実態調査を行っています。
今回は、クリエイティブ職に就く「個人」を対象に、コロナ禍の働き方の実態に関する調査を行いました。
この結果を広く発信していき、少しでもクリエイターの働き方改革の一翼を担っていきたいと思っています。

2021年12月~2022年1月に実施した【計53問】に渡るアンケート項目の調査結果を分析し、今後もクリエイターワークス研究所のサイト内にて、引き続き以下のようなテーマ別で実態調査結果を発信してまいります。
・クリエイターはどのSNSを使っている?
・クリエイターはどんなところから情報をインプットしている?
・クリエイターはどんなことに興味を持っている?
など

▼今までの調査報告はこちら
《クリエイターの働き方実態調査①》
コロナ禍2年。クリエイターの働き方は変化した?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=29

《クリエイターの働き方実態調査②》
【雇用形態で比較】【Web,広告で比較】リモートワークはどれくらい浸透している?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=220

《クリエイターの働き方実態調査③》
クリエイターがフル出社している理由
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=10

《クリエイターの働き方実態調査④》
リモートワークにしてよかったことは?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=234

《クリエイターの働き方実態調査⑤》
クリエイターが思うリモートの課題とは?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=649

《クリエイターの働き方実態調査⑥》
リモートワークで希薄化した社内コミュニケーション。活性化のためにみんなが工夫していることは?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=746

《クリエイターの働き方実態調査⑦》
リモートで自分の時間は増えた!クリエイターは何してる?
https://www.y-create.co.jp/CWL/?p=32

  • 「クリエイターの働き方実態調査」の調査概要

調査期間:2021年12月14日~2022年1月4日
調査方法:インターネット調査
調査対象:クリエイティブ業界で活躍中のクリエイター(ユウクリ登録クリエイターも含む):511名
(※クリエイターの内訳:グラフィックデザイナー、アートディレクター、Webデザイナー、Webディレクター、コーダー、エンジニア、マーケター、マネージャー、経営者など)

回答いただいたクリエイターの業態:
メーカー・事業会社 30.9%
IT企業 9.1%
広告代理店 7.7%
コンサルティング会社 4.0%
Web制作会社 6.4%
広告制作会社 18.1%
印刷会社 4.4%
個人事務所 2.7%
その他 16.8%

携わっているジャンル:
IT/Web系 30.1%
広告/SP系 41.5%
ゲーム系 3.1%
映像/音響 2.5%
工業/空間 2.5%
その他 20.2%

  • クリエイターの働き方実態調査を行った経緯

クリエイターワークス研究所は『クリエイターみんながイキイキと働ける世界に』をミッションに、クリエイティブ業界に特化した実態調査を⾏っている調査機関です。
そのミッションを叶えるべく、『「知らない」「見えない」クリエイターのリアルを伝え、クリエイティブ業界に前向きで新しい行動変容が起こす』ことをビジョンとしています。

そして、「前向きで新しい行動変容」のきっかけの一つが、今回の【実態調査】です。

運営元の株式会社ユウクリは、クリエイター(デザイン・Web・広告)のためのエージェントサービスを事業としています。そのため、私たちは登録クリエイターとクリエイティブ関連企業の声をリアルにキャッチできる立場にいます。しかし、その声たちはクリエイティブ業界のリアルを反映しているものの、まだ世の中に届いていないのでは?と感じています。

エージェントとしてその声をニュートラルに世の中に伝えていくことで、クリエイターワークス研究所のミッションをビジョンを一日でも早く叶えていきたい。

その思いで、まず第一弾として『クリエイターの働き方実態調査』を行いました。

今後も3ヶ月に1度のペースで多角的なテーマで実態調査を行っていくとともに、クリエイター向けのオンラインイベントの開催やインタビュー記事コンテンツ発信も行ってまいります。

  • クリエイターワークス研究所とは

クリエイターワークス研究所は2017年に開設し、今まで美大芸大就活実態調査、派遣クリエイター平均時給調査などを行ってきました。(これまでのクリエイターワークス研究所の実績→ https://www.y-create.co.jp/corporate/creatorworks/)2022年からは事業内容を拡充し、現在活躍中のクリエイター(雇用形態問わず)にも幅を広げ、定期的且つ多角的な実態調査を行っていく方針に。それに伴い、ロゴデザイン、サイトも一新しました。

  • 会社概要

・株式会社ユウクリ
・代表取締役社長:武藤 覚
・本社:東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル
・設立:1984年
・事業内容:
デザイナー・クリエイター専門の人材エージェンシー
採用支援(人材紹介・新卒紹介)
業務支援(人材派遣・業務委託)
スポット支援(1日単位のスポット派遣「クリプラス」、短期業務委託)
・コーポレートサイト:https://www.y-create.co.jp/

  • お問い合わせ先

株式会社ユウクリ
クリエイターワークス研究所運営局:宮本
TEL:03-6712-7970
HP:https://www.y-create.co.jp/CWL/
e-mail:cwl@y-create.co.jp

オフィシャル

Chance!本部が推進するプロジェクトを指します。
また、オフィシャルプロジェクトに参加した方は、Chance!のブランチ会員の登録料(30,000円~)が免除されます。

HA提携企業

このプロジェクトに応募者が採用されると実績に応じて紹介者にヒューマンアフィリエイトボーナスが入ります。

スタートアップ

国内外の有望企業を日本開業前に先行して、仮登録で組織を構築するプログラムです。
利点としては、有料組織よりも比較的に簡単な仮登録(無料)での組織構築ができます。
更に事前に組織を構築する事で日本オープン時からの収入の獲得が可能となります。

スペシャル

Chance!本部が推進すると共に、「チームビジネスボーナス」の対象となるプロジェクトです。

報酬型

プロジェクトに参加した方の実績に応じて報酬(収入)が入るプロジェクトです。
小売収入、紹介収入、期間限定収入、権利収入など、プロジェクト毎に様々な収入が用意されています。

ビジネストーク

この案件はビジネストークの対象となります。応募してビジネスの案件の内容を聞くだけで報酬(1,000円~100,000円)が入ります。詳しくはビジネストークをご確認ください。

体験型

プロジェクトに参加した方が知識や経験、体感を得られるプロジェクトです。
講演会、セミナー、塾、教室、資格取得、スポーツ、旅行、農業、パーティーなど、プロジェクト毎に様々な体験が得られます。

仮登録

このプロジェクトの仮登録の会員を募集しています。

・組織販売型プロジェクトはチャンスグループがペースとなり組織(プロジェクトに応募した方のみで圧縮された組織)が構築されます。
・プロジェクトを見て興味ある人が応募しますので、プレゼンテーションやクロージングなどをする必要はありません。
・傘下のチャンスグループ内でプロジェクトに応募した方の中で一番近いレベル(段階)にいる方が貴方が応募したプロジェクトの直上(紹介者)と直下の会員となります。(傘下人数も確認)
・「仮登録する」よりお申込み下さい。

仮登録(未上陸)

このプロジェクトの仮登録(未上陸)の会員を募集しています。

・プロジェクトが組織販売型プロジェクトの場合はチャンスグループがペースとなり組織(プロジェクトに応募した方のみで圧縮された組織)が構築されます。
・プロジェクトを見て興味ある人が応募しますので、プレゼンテーションやクロージングなどをする必要はありません。
・プロジェクトが日本未上陸、日本未進出、日本未開業の企業の場合は、日本開業と同時にグループメンバーの方と一緒にビジネスに取り組めます。
・「仮登録する(未上陸)」よりお申込み下さい。

期間限定

このプロジェクトは期間限定の募集です。ご興味のある方はお急ぎの上、お申込み下さい。

人数限定

このプロジェクトは人数限定です。ご興味のある方はお急ぎの上、お申込み下さい。

経験者優遇

このプロジェクトの内容に関して経験のある方は優遇致します。

初心者歓迎

素人で経験のない方でもご参加下さい。一から丁寧にお教え致します。

男性限定

男性のみ受け付けています。(女性は不可)

女性限定

女性のみ受け付けています。(男性は不可)

審査あり

このプロジェクトは各種条件があります。その条件に該当する方を採用しています。

年齢制限あり

このプロジェクトには年齢制限があります。年齢制限に該当する方のみを受け付けています。

高齢者歓迎

このプロジェクトは高齢者の方を歓迎致します。

地域限定

このプロジェクトは地域限定で受け付けています。

特別待遇

このプロジェクトに申込まれた方の中で該当者には特別待遇が用意されています。

簡単作業

誰にでもできる簡単な作業ですので安心してご参加ください。

障害者優遇

障害をお持ちの方には優遇させていただきます。

商圏自由

日本国内であれば何処にでも販促が可能です。

グローバル

世界展開が可能なプロジェクトです。

時間自由

あなたの好きな時間に活動ができます。

初期費用ゼロ

登録料、加盟金などが必要なく、初期費用ゼロでご参加できます。
※活動経費は別途必要な場合もあります。

自宅可

自宅はもちろん、フリースタイル、ノマドスタイルで取り組めます。

本業可

頑張りに応じて本業として取り組むこともできます。

副業可

時間の空いている時に副業として取り組むこともできます。

権利収入

継続した収入が入ってくる可能性のあるプロジェクトです。

販売収入

販売、小売りをすることで収入が入ります。

紹介収入

このプロジェクトの商品やサービスを案内して購入者や利用者を紹介すると紹介収入が入ります。

モニター

このプロジェクトの商品やサービスを利用した感想を提出すると報酬や特典が受けられます。

リンクボーナス

あなたがチャンスにお誘いした方が、このプロジェクトに参加して実績を上げると、あなたにボーナスが入ります。

リファラル

紹介や推薦をしてくれた方には特別な報酬や特典をご用意しています。

B2B

B2Bとは、企業(Business)と企業(Business)でおこなわれる商取引のこと。

B2C

B2Cとは、企業(Business)と消費者(Consumer)間における商取引ビジネスのこと。

C2C

C2Cとは、消費者(Consumer)と消費者(Consumer)間における商取引ビジネスのこと。

バズマーケティング

バズマーケティング(Buzz Marketing)とは、いわゆるクチコミを利用するマーケティングのこと。中でも情報の発信者に特定の情報を流してもらうことにより、その周辺にいる多くの人がその情報により購買にいたるといった流れなどがある。

アフィリエイト

アフィリエイト(Affiliate)とは、自分が持つウェブサイトに広告を掲載して、ホームページを閲覧した一般ユーザーがその広告を経由して商品を購入したり、資料を請求するなどのアクションを起こす事でそのホームページ管理者に広告料が支払われるというもの。

アライアンス

アライアンス(Alliance)とは、一般に企業同士の提携という意味。直訳すると「同盟」となる。

レベニューシェア

レベニューシェア(Revenue share)とは、企業間におけるアライアンス手段の一つ。当該アライアンスで生じる利益を分配する方法のこと。成果報酬、成果配分とも類似する。一般に、受託開発においては、制作費をクライアント(発注側)が負担する必要があったが、こうした発注によるリスクを受託側も負担することによる需要創出などが主な目的となる。

アウトソーシング

企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。技術やノウハウを持たない企業でも、外注することで、専門性の高い業務や新規事業などに進出することが可能になる。

ブルーオーシャン

まだ誰も参入者がいない競争のない新たな市場空間のことを指す。
競争のない未開拓市場のこと。新しい商品やサービスを開発・投入することで創出される競合相手のいない市場。

クラウドソーシング

これまでプロが作っていたことを、不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かを作り上げていくことを指します。
アウトソーシングと似ているけれど、必ずしもプロフェッショナルに依頼するのではないのが特徴です。

クラウドファンディング

インターネット経由で不特定多数の人々から資金調達を行い、商品開発や事業などを達成する仕組み。
クラウド(crowd 群衆)とファンディング(funding 資金調達)の二つの単語を掛け合わせた造語。

エンジェル

創業後間もない企業家に資金提供や経営指導などの支援を行う個人投資家のこと。 〔アメリカで、ミュージカルの制作に当たり資金提供を行う個人(スポンサー)が、エンジェルとよばれたことから〕

仮想通貨

インターネット上でやりとりする通貨のような機能を持つ。円やドルなどのように国家や中央銀行といった発行者はおらず、通貨の信用を裏付ける機関もない。ネット上の取引所を運営する業者を介して現金と交換して、決済や送金に使う。世界で1千種類以上あるとされる。日本国内でも、家電量販店での買い物や電気料金の支払いに利用できるようになるなど、使える場が増えてきている。投機対象にもなっている。

暗号通貨

不正防止のため、高度な暗号技術を用いる仮想通貨。
ネットワーク上で共有される取引情報により管理され、受け渡しの整合性を確認することで通貨として機能する。確認作業の際には膨大な計算が必要なため、通貨の流通量が極端に増加しない仕組みになっている。

ブロックチェーン

金融取引などの記録をコンピューターのネットワーク上で管理する技術の一つで、インターネット上の複数のコンピューターで取引の記録を互いに共有し、検証し合いながら正しい記録を鎖(チェーン)のようにつないで蓄積する仕組みである。「分散型台帳」ともいわれる。記録を共有し、検証し合うので、記録改ざんや不正取引が防げる。取引記録を集中管理する大規模コンピューターが不要なため、運営コストが割安なのが特徴である。元々は仮想通貨「ビットコイン」の取引を成立させるために開発された技術であるが、金融にIT技術を活用するフィンテック分野を中心に応用が模索されている。

ビットコイン



電子マネーの一種。インターネット上でのみ流通する仮想通貨で紙幣や硬貨は発行されない。実体としての銀行は存在せず国家や中央銀行の管理を受けない。米ドルやユーロ,円などの通貨との交換はウェブ上の取引所で行われるが,金融機関を媒介としないので経費や手数料は発生しない。

ビットコイン決済

ビットコイン決済とはECサイトや飲食店などでの決済手段としてビットコインを用いることです。既存の決済手段よりも手数料が安く、簡単に手続きができます。
ほとんどの場合、支払い者はECサイトなどで表示されるQRコードをスキャンしビットコインを送付するという簡単なステップで支払いが完了します。

マイニング

採掘(マイニング)とは新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。

セミナー

セミナー とは、少人数を対象とする講習会のことです。講師からの一方的な説明だけで終わるのではなく、質疑応答が行われるなど講師と受講者のやり取りがある場合が多いようです。

スキルアップ

スキルアップとは、仕事で必要な技能や技術を身につけたり、レベルアップしたりすることを指します。英会話のように、職種に限らず重宝されるスキルもあれば、ITエンジニアのように、その職種でのみ活かせるものもあります。

セットポジション

主に組織販売型プロジェクト(ネットワークビジネス、代理店、アフィリエイトなど)で、まだ日本未上陸、日本未進出、日本未開業の企業の組織を先行してChance!内に仮構築するシステムです。
予め、組織を構築している事により開業と同時にビジネスのスタートダッシュが出来ます。
Chance!の全ての組織構築型プロジェクトがチャンスグループがベースとなり組織構築されます。

仮登録

本登録前の段階の仮の登録です。主に組織販売型プロジェクト(ネットワークビジネス、代理店、アフィリエイトなど)を本登録する前に組織を構築するシステムです。
仮登録では登録費や商品を購入する費用が必要がないのでノーリスクで組織を構築できます。

チャンスグループ

このプロジェクトはチャンスグループと連動しています。

チャンスグループとは、貴方が外部からマイページ内のリクルートタグなどを使ってChance!にお誘いした直会員(リンクメンバー)から始まるグループです。
直会員(リンクメンバー)、またはその傘下の会員が、貴方と同じようにリクルートタグを使って新規会員をChance!にお誘いすることでチャンスグループが無限に拡大していきます。
直会員(リンクメンバー)はリンクボーナスの対象になります。また、チャンスグループは組織販売型プロジェクトのベース組織となります。

ランディングページ

このプロジェクトに興味のある人を外部から集客するランディングページ(LP)が用意されています。
LPは会員マイページ内のリクルートタグ取得②内に設置されています。
このLPからLEVERに登録した方は貴方の直会員(リンクメンバー)となります。
直会員(リンクメンバー)はリンクボーナスの対象となります。

※プロジェクトオーナー様でLPの制作を依頼したい場合はお問合せよりご連絡下さい。

リーダー特典あり

リーダー候補の方には一般的なインセンティブ以外に特別な報酬や報奨を用意しています。

投資案件

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。「土地に投資する」「若いピアニストに投資する」

アップダウン

このプロジェクトはアップダウン(UP・DOWN)に対応しています。アップの紹介をご希望の方は「アップの紹介を申込む」ボタンよりご応募ください。ご希望に近いアップ候補(紹介者)の方をご紹介させていただきます。